サトリナの大友

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウン治療が可能になります。

根元から歯を抜いたときの選択としては、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。
キトー君て今話題みたいね!効果はあるの?

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安や誤解がないでしょう。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することがその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害する働きをします。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってつらくても禁煙するのが正解です。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる人工の歯を作ることだと考えてください。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、海外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるのが成就への第一歩です。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならば決してあきらめる必要はありません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。

現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

高額の負担が重くのしかかる方もまだまだ多いのです。

しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような信販会社が作ったローンを利用できる便利な歯科医院も多くなってきました。

手持ちの資金が十分でなくても、自分が希望する治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です