井内がチャバネアオカメムシ

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、その部品の接続構造により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。

他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

マカナサプリはそんなに人気なの?
二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにパーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、大事だと心得てください。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。

最近話題になることも多いインプラント。

ですが、便利な反面、難点もあるということに気を付けてください。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。

見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、この歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることも気にする必要はありません。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

高くついた場合、数十万円にもなることも覚悟してください。

あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。

ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の十分な検査を行い、結果を検討した上で治療に取りかかるため患者も納得し、安心して治療を開始できます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院する必要はまずありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨など自家骨の移植手術であれば大がかりな手術を入院して受けることもあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその都度、費用がかかります。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごさなければなりません。

普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

運動を習慣にしている方の場合はいつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です