ミニブタと愛育

完全に歯がなくなってしまった部位にも使える治療法であるインプラント。

ですが、気に留めておくべきポイントがあります。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるかもしれません。

インプラントの特徴として永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけてください。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

この治療の費用は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。

なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。

それでも、相場はあると言えます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。

虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

モットンマットレス!今とても話題になっているみたいですね!!
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラント治療に決めました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食事の際にグラグラと動いてしまうというケースも稀に報告されています。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることの影響が多分にあります。

高い技量を持つ歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずしもこうなるとは言えず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れがなかなか引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースでは歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずありません。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さで自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。

前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院して手術することはまれです。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。

これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、その通りのケアを心がけてください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です