長内が桧垣

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いということにはなりません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、まずは口腔内をきれいに保ってください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に出会おうとすれば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも考えるべきです。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報収集することをがんばってみましょう。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

プラステンアップが口コミで中高生の間で話題に!
チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてください。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に義歯を装着して固定するというものです。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

セラミックとは要するに陶磁器であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが命に関わる大事な問題です。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食事の際にグラグラと動いてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足のせいといえるでしょう。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

どんな問題がインプラント治療にあるかを様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。

それは本当のことではありません。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントには主にチタンが使われており、金属ですが、磁気には反応しません。

MRI検査への影響はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です