梅澤の木下理樹

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため症例数が多ければ多いほど良く、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優っていると考えられます。
トリプルビーってどうなの?口コミや販売店を徹底検証!

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費と考えてください。

もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが不安や誤解がないでしょう。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてください。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらう必要はずっと続きます。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという説があったのではないでしょうか。

それは違います。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属があれば、そこは乱れて映ります。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。

検査には問題ないのです。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療成功の絶対条件となります。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになります。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになったということもままあるようです。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。

ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

年々利用者が増えてきたインプラント。

その施術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの極めて高い医療スキルを欠かすことは出来ません。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です