塙でおりちゃん

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全ては歯科医の裁量にかかっており差は大きいと断言できます。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラント治療の結果を左右するのです。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

美的センスに加えて、熟練したスキルを持ち合わせていなければなりません。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に頼るしかなければ、国外までも探しにいくという手段もあります。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めるしかありません。

エレアリーナイトブラの口コミや効果を徹底検証!
インプラントの特徴として虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診が必ず求められます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。

感染が重篤化する危険性があるので早急に診察を受けましょう。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で冠のような形の義歯をつくり、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は利用することは不可能です。

対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です