ASAKIがあーや

どうにも入れ歯がしっくりこない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。

費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

どうしても外見や噛み心地を重視する方には最適です。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと一番良いでしょう。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用の問題も大きいと思います。

保険適用のケースはほとんどなく、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによってかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることはもちろんです。

治療が終わっても、ずっと定期検診があるということも覚えておきましょう。

せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが欠かせません。
クリアポロンっていいの?!効果や口コミ徹底検証!

人工物のインプラントでも、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間が経つにつれておさまってくるケースが自然な流れです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。

定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となり約三千円とみれば良いでしょう。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は例外なく阻害する働きをします。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、最低でも手術から治療終了までの間、しっかり禁煙するべきでしょう。

虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、最終的にインプラントを選びました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントが正解だったと思います。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、いろいろな検査を実施し、その結果を見て治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。

それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です