堀江だけどふっくん

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてきちんとホームページに載せている歯科医院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって適用されるのがインプラント治療です。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

費用がかかることは確かですが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

義歯でも、見た目や使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、安易に妥協せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことが夢をかなえるためには大事です。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。

加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。

まれな症例として、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方も多いのが当然です。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社が作ったローンを利用できる融通の利く歯科医院が多くなりました。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、その部品の接続構造により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはどこまでも続きます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を疑ってください。

感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

インプラント手術の未経験者にとってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によってはだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

それに対して、インプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
とうきのしずく(透輝の滴)効果や口コミを徹底検証

また、できれば費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です