穣(みのる)が相川

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、違和感がおさまらないときは放っておかずに歯科医にみせることに努めましょう。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、全身麻酔になることはほとんどありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラント治療に決めました。

自費診療なので、かなりの額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごさなければなりません。

日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動は控えることが望ましいです。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておけばベターです。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。

埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みの治まる気配がないときは、直ちに歯科で診てもらってください。
フィトリフトって凄いの?口コミや効果を徹底検証

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。

どんな問題がインプラント治療にあるかを様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという問題はありませんでしたか。

それは気にしないでください。

確かに、MRI検査では磁気を使うので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。

検査で問題になることはまずありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です